地震多発国における住宅保全

1995年の阪神大震災以降、日本では建造物の耐震性が強化され、大きな関心事となっています。日本では現在もなお地震が多発しており、シロアリの問題と関連しています。バイエル社は数十年にわたり日本のハウスメーカーと連携し、地震国におけるシロアリなどの害虫駆除に対してより先駆的なソリューションを開発し続けてきました。

地震による倒壊

課題

地震多発国における住宅保全 

ー日本の大半の住宅は木製であるため、建造物はシロアリの脅威にさらされています ー

シロアリは、柱と基礎との接合部を集中的に食べて、住宅の強度を弱めます。1995年の阪神大震災後、倒壊した住宅の大半がシロアリによる被害を受けて強度が弱まっていたことが調査により明らかになりました。

 

解決に向けて

ドミノ効果を発現

 ーバイエルの製品はシロアリによって運ばれ、別のシロアリに伝播しますー

これにより、効果的にコロニー全体を駆除することが可能になります。シロアリから守られれば、地震多発国の建造物はより強度を増すことができます。

 

Advancing Life

安全な環境での生活

 ー当社では、シロアリの再発生はほとんど報告されていませんー

当社は、建物の所有者がハチクサンFLを使用してシロアリを駆除できるよう支援しています。シロアリ防除剤の最適な使用法を知るのに役立つ説明資料を用いたサポートも実施しています。同時に、シロアリの再発生を予防する最適なソリューションを目指して尽力しています。