デスティニーWDG

エスプラネードライトフロアブルの技術が採用になった背景

Print page

////// 背景① 従来工法(手刈り作業)による生産性


刈払機での刈取除草

 

従来工法で作業した場合


従来工法である刈取り作業後の様子

従来工法では、春に刈取りしても夏の刈取りが必須となる。

 

////// 背景② 人口減少と人手不足


総務省によると、日本は少子高齢化の進行により、生産年齢人口は1995年をピークに減少に転じており、総人口も2008年をピークに減少に転じている。それに伴い、日本生産性本部の調査分析結果によると、就労人数および労働時間数においては、一部分野を除き人手不足が顕在化しつつあり、労働供給力は限界にきていると警鐘をならしている。

日本の人口推移

総務省ホームページ(https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc111110.html)より
我が国の人口の推移

※ 日本の生産性の動向-2015年版

////// 背景① 取り作業のリスク


 // 大人数での作業

 // 夏に刈取りが必要

 // 作業者に熱中症リスク

 // 飛び石のリスク

 

矢印

従来工法では春に刈取りしても夏の刈取りが必須・・・
それに対し、新工法は刈取りゼロとなり、人口削減社会への新たなソリューションとなる