スズメノカタビラ

イネ科

スズメノカタビラは一年草または越年草で、日本全国のゴルフ場、グランド、園地、庭園などの幅広い種類の芝地で最も問題となるイネ科雑草。

イネ科

英名:Winter grass, Annual Bluegrass

学名:Poa annual

 

基本情報・生態・形態

一年草または越年草で、日本全国のゴルフ場、グランド、園地、庭園などの幅広い種類の芝地で最も問題となるイネ科雑草。
草丈は5~30cmで低刈りでも生育可能で、秋から春にかけて発生する。 芝地では数十個体がまとまって生育する場合が多いが、場合によっては一個体ごとに拡散して生育する。
本雑草は亜種が多く、文献によっても異なるがその種類は48種類以上ともいわれ、ベントグリーンではしばしば多年生個体(亜種)が認められる。
全体に薄緑色で、葉の表面は滑らかで、先端は丸みを帯びる。 葉は柔らかでしばしば、垂れ下がり、草丈は20~30cmに達する。発芽するためには光を必要とし、最適な発芽温度は10~16℃。

 

発生時期

真夏を除きほぼ1年中生育可能であるが、秋~春の生育が旺盛。

 

被害・影響

雑草ではあるが、一部の亜種はベントグリーンでの生育が良好で、実質的にはベントグラスと共生している場面をしばしば見かける。 種子生産は旺盛で、種子は休眠性を有するもの(秋、春に一斉発芽)から、ほとんど休眠しない種子(ダラダラ発生)まで遺伝変異が大きく、このことも本雑草の防除を困難にしている。 また、本雑草は芝生地の美観を損なうばかりでなく、パッチ状に密生した群落を形成し、ゴルフプレイなどの質を低下させる。

Recommended products

グリーンアージラン液剤 除草剤

グリーンアージラン®液剤

水溶性液体

グリーンアージラン液剤は芝に隠れて見えないスズメノカタビラ・メヒシバまで枯らします。

製品を見る

その他の病害・害虫・雑草を探す

エノコログサ

エノコログサ

エノコログサは一年草。「ねこじゃらし」の俗名をもち、日本全土に広く分布する。粟の原種とされる。日当たりのよい畑地や荒れ地...

表示する
メヒシバ

メヒシバ

メヒシバは世界各地に分布するイネ科の一年生雑草であり、芝地での代表的な強害雑草。

表示する
メリケンカルカヤ

メリケンカルカヤ

北米原産の多年草。...

表示する
ホソムギ

ホソムギ(ライグラス)

一年草または多年草。しばしば、株化する。葉は無毛、線形で、先端部は尖る、...

表示する
シマスズメノヒエ

シマスズメノヒエ

シマスズメノヒエは南アフリカ原産の多年草。...

表示する
スズメノヒエ

スズメノヒエ

スズメノヒエは日本在来種のの多年草。 草丈は30~60センチ。花茎は高く伸び、先端には3~5本程度の扁平な穂をつける。

表示する
チガヤ

チガヤ

チガヤは多年草。 横に這う地下茎を持ち、生息域を広げる。春先には白い綿毛に覆われた穂をだし、よく目立つ。

表示する
ハルガヤ

ハルガヤ

ヨーロッパ原産の多年草。...

表示する
オヒシバ

オヒシバ

オヒシバはイネ科の一年草。...

表示する
アキメヒシバ

アキメヒシバ

日本全国に分布するイネ科の一年草植物。 メヒシバに似るがやや遅れて穂を出すことから、アキメヒシバの名がついた。

表示する