カヤツリグサ科

英名:Purple nutsedge

学名:Cyperus rotundus

 

基本情報・生態・形態

多年草。 地下茎を持ち、匍匐系を伸ばして群落を形成する。本州から琉球列島までの広い範囲に分布する。空き地や道端などに普通にみられる。草丈は20~40センチ程度までと比較的小型である。乾燥に強く日当たりのよいところを好む。刈り込みに強いこともあり、ゴルフ場でもしばしば問題となる雑草である。

 

発生時期

7月くらいから秋にかけて出穂する。

 

被害・影響

ゴルフ場ではラフのほか、ティーなどにも発生し群落を作るため問題になる。多年生で匍匐茎をもつので引き抜きづらく、防除の難しい雑草の一つである。

 

効果のある除草剤など

グラッチェ顆粒水和剤

その他の病害・害虫・雑草を探す