ペストコントロール テクニカルレター

マックスフォース マグナムの設置方法別(水平・垂直)効力比較について

///// 目的

マックスフォース マグナムは床面だけでなく、壁面にも設置することができる設計である。そこで、床に設置した場合(水平設置)と壁面に設置した場合(垂直設置)で効力差がみられるかを検証した。

強制摂食法での試験風景

※写真は強制摂食法での試験風景。試験区中央にはシェルターを設置した

 

///// 試験方法

// 試験区・・・1㎡

// 供試昆虫・・・チャバネゴキブリ雌雄 各20頭 計40頭

// マックスフォース マグナムのみを試験区に設置した強制摂食法と、試験検体の他に水・餌(実験動物用固形飼料)を設置した任意摂食法で試験を行った。

 

///// 結果

結果

※1 LT50:Median  Lethal Time(半数致死時間)

 

///// 考察

// 強制摂食法では薬剤をほぼ完食し、LT50値は0.5日未満。

// 任意摂食法では壁面に設置した場合に薬剤摂食量の減少が見られたが、LT50値は0.5日未満であった。

矢印

他の餌が近傍に存在する任意摂食法では、平均薬剤摂食量に差が見られたものの、いずれの設置条件でもLT50値は0.5日未満であった。

本試験により、壁面に設置した場合(垂直設置)と床面に設置した場合(水平設置)で、同等の効果が確認できた。

 

>>>>こちらのテクニカルレターのPDF版をダウンロードされたい方は、下記画像をクリックしてください。

マックスフォース マグナムの設置方法別(水平・垂直)効力比較について