ヒトスジシマカ

害虫の食害:その他(人を吸血する、デング熱を媒介)

日本では東北地方以南に生息。日本のヤブカの最も普通種。デング熱を媒介することで知られている。

// 特徴

成虫の体長4.5㎜内外。体色は、黒色で胸部背面の中央に1本の白色の縦筋がある。腹部や脚は黒と白のシマ模様になっている。

 

// 生態

日本では東北地方以南に生息。日本のヤブカの最も普通種。デング熱を媒介することで知られている。本種をはじめヤブカ属の卵は、水際や湿った地表などに産み付けられ、雨などで水に浸かると孵化がはじまる。卵は乾燥に強く、通常は卵の状態で越冬する。住宅の近くの公園、竹やぶ、墓地などから発生し、成虫は、主に昼間、特に朝夕を中心に激しく吸血する。

 

// 防除方法

幼虫対策としては発生源の水溜りにIGR剤などの薬剤処理が有効であるが、これと同時に発生源となっている小規模な水溜り(空き缶、空き瓶、植木鉢、プラスチック製の容器、古タイヤ、竹の切り株など)を除去する環境対策も重要である。成虫に対しては、市販のピレスロイド系のエアゾール式の殺虫剤、蚊取り線香、蚊取りマット、液体蚊取りなどを使用すればよい。

おすすめの製品

レスポンサー水性乳剤 殺虫剤

レスポンサー®水性乳剤

水性乳剤

【第2類医薬品】 少量の投与で確実に効果を発揮する医薬品のピレスロイド系殺虫剤。...

製品を見る

その他の病害・害虫・雑草を探す

アカイエカ

アカイエカ

日本全国にきわめて普通に生息。日本で最も普通にいる蚊。フィラリア症を媒介する。

表示する
チカイエカ

チカイエカ

都市部のビルの地下水槽、地下街、地下鉄の排水溝などに生息し、寒さに強く、冬季になっても休眠せず、気温が高ければ冬季であっ...

表示する