ヒメカツオブシムシ

害虫の食害:食品、衣類

広食性で、動物質の乾燥食品とくに削り節を加害する。また毛皮、毛織物、じゅうたんや生糸、蚕蛹、剥製標本なども加害する。床材の継ぎ目に溜まったほこりから大量発生することもある。

// 特徴

成虫は体長約4mm。体は黒色ないし黒褐色で長楕円形。上翅の点刻は密で顆粒状。幼虫は約9mm。赤褐色で同筒状。腹部の末端には長い数十本の褐色長毛の束をもつ。蛹は約5.5mmで、淡黄色で紡錘形。

 

// 生態

世界各地に分布し、日本でも各地に普通に生息する。成虫は年に1回の発生で、通常であれば、幼虫態で越冬し4~5月頃に蛹となる。5~6月より成虫が見られる。成虫の寿命は約1ヶ月で、幼虫期間は長く約300日に及ぶ。広食性で、動物質の乾燥食品特に削り節を加害する。また毛皮、毛織物、絨毯や生糸、蚕蛹、剥製標本なども加害する。床材の継ぎ目に溜まった埃から大量発生することもある。幼虫のかじる力は強く、包装食品に穿孔侵入することもある。また、幼虫は乾燥や飢餓に対し著しく抵抗力が強く、成熟幼虫では絶食状態で6ヶ月から1年は生存できる。

 

// 防除方法

清掃やクリーニングなどの日常の手入れと、発生源となる食品や絹や毛の製品、埃等を取り除き、整理・整頓することが第一である。カツオブシムシの好む干物、鰹節、けずり節、煮干などの保管には注意し、害虫が侵入しないように密閉容器などに保管する。タンスや衣装ケースには衣服用の防虫剤を入れる。発生したカツオブシムシを駆除するには、食品は過熱しても差し支えないものは過熱処理する。衣服等には風通しをよくし、日光に当てる「虫干し」も有効である。ひどい場合は勳煙剤などで処理を行う。

その他の病害・害虫・雑草を探す

ジンサンシバンムシ

ジンサンシバンムシ

乾燥植物食害虫で、朝鮮人参(にんじんをジンサンと読む)を食害するのでジンサンシバンムシという名前がついた。

表示する
アズキゾウムシ

アズキゾウムシ

貯蔵中のアズキ、ササゲ、エンドウなどを食害する種子害虫で、貯蔵豆の中で繁殖を繰り返す。

表示する
ヒメマルカツオブシムシ

ヒメマルカツオブシムシ

幼虫は暗い所に生息し、動物質の乾燥食品、とくに干魚や鰹節などを食害する。毛織物、毛皮、動物標本なども食害する。

表示する
クビレヒメマキムシ

クビレヒメマキムシ

屋内では、地下の酒倉、食料倉庫、食品、生薬、植物標本などから見いだされる。

表示する
ノコギリヒラタムシ

ノコギリヒラタムシ

健全な穀粒を加害することはないが、他の昆虫が発生して生じた破砕穀物や粉を好んで食する。

表示する
コクヌストモドキ

コクヌストモドキ

小麦粉、米ぬか、砕米、その他穀物の大害虫。コクゾウなどの他の害虫が加害して穀粉ができてから二次的に発生することが多い。

表示する
カドコブホソヒラタムシ

カドコブホソヒラタムシ

健全な穀粒を加害することは少なく、他の昆虫が発生して生じた破砕穀物や粉、カビが生じたものを好んで食する。

表示する
ガイマイゴミムシダマシ

ガイマイゴミムシダマシ

砕米や穀粉、これらの加工食品をよく食害する。穀物倉庫、精米・製粉工場、飼料工場、鶏舎などでよく発生する。

表示する
フタトゲホソヒラタムシ

フタトゲホソヒラタムシ

他の昆虫が発生して生じた破砕穀物や粉、カビが生じたものを好んで食する。食品以外のカビの生えた場所からも発生することが多い...

表示する
ケブカシバンムシ

ケブカシバンムシ

年月が経った古材を好んで食害するため、神社、仏閣、仏像、古い家屋などで被害が多い。古い木造建築物の被害は、ほとんどが本種...

表示する
ツヅリガ

ツヅリガ

生産農家の倉庫などに極めて多く、貯蔵米の被害が大きいが、加工食品を加害することは少ない。幼虫は糸を吐き穀粒を綴るが、米で...

表示する
ノシメマダラメイガ

ノシメマダラメイガ

食品害虫として最も多く見られる。主に穀物を食害するが、極めて広い食性をもち、貯蔵食品で最も問題の多い害虫として知られる。

表示する
タバコシバンムシ

タバコシバンムシ

元来、乾燥植物、薬草、乾燥食品の害虫であるが、これらに限らず様々なものを食害する。しばしば畳から大量発生し問題となること...

表示する
コクゾウムシ

コクゾウムシ

成虫・幼虫とも米、麦、トウモロコシなどの穀類をはじめ、加工食品(干めん、マカロニ、きりいもなど)を食害する。

表示する
ノコギリヒラタムシ

ノコギリヒラタムシ

表示する
Bayer CropScience

ヒラナガムクゲキスイ

表示する