シバンムシアリガタバチ

害虫の食害:その他(甲虫類の幼虫に寄生)

一般のハチ同様、産卵管が毒針の役目をしている。成虫は夜間活動性で、夜になるとさかんに歩きまわり、就寝中の人を刺すことがある。

// 特徴

成虫の体長はオスが約1.5㎜、メスが約2㎜。体色は赤褐色~黄褐色。ヒメアリ類に似るが、触角と腹部1、2節の形が異なる。メスは翅がなく、腹部の産卵管には毒針を持っている。オスは翅を持つものと、もたないものの2型がある。幼虫は紡錘形で淡黄白色。

 

// 生態

世界共通種で、日本では北海道から九州までのほぼ全土に分布する。外国からの侵入種と考えられる。寄生蜂であり、形がアリに似ているのでアリガタバチと呼ばれる。寄主はタバコシバンムシとジンサンシバンムシが主であるが、ヒョウホンムシやゾウムシに寄生した記録もある。年5回の発生が可能といわれ、ピークは夏である。一般のハチ同様、産卵管が毒針の役目をしている。成虫は夜間活動性で、夜になるとさかんに歩きまわり、就寝中の人を刺すことがある。刺されると、赤く腫れ、痒みを伴うが、3~7日後には大抵の人は治ってしまう。

 

// 防除方法

寄主となる甲虫類(タバコシバンムシとジンサンシバンムシ)の駆除が第一である。これらの甲虫類の駆除には、市販のピレスロイド系殺虫剤など(エアゾール剤、燻煙剤など)を使用する。また、これらの殺虫剤でアリガタバチも駆除することができる。

その他の病害・害虫・雑草を探す

ルリチョウレンジバチ

ルリチュウレンジバチ

幼虫はツツジ類の葉を食害する。庭園や雑草地のツツジ類に大量に発生し、不快害虫として問題になることがある。

表示する
クマバチ

クマバチ

自然界では木の枝、枯れ木などに穴を開けて営巣するが、人家の柱や梁などに穴を開けて営巣することもある。

表示する
クロスズメバチ

クロスズメバチ

働きバチは6月から羽化し、オス、新女王とも10月~12月に羽化する。性質は比較的温和で、攻撃性、威嚇性は弱い。

表示する
オオハキリバチ

オオハキリバチ

葉を切り取って巣を作ることからハキリバチと呼ばれるが、オオハキリバチは葉ではなく竹筒や木材の穴の中にマツやスギの樹脂を使...

表示する