チカイエカ

害虫の食害:その他(人を吸血する)

生息場所は、都市部のビルの地下水槽、地下街、地下鉄の排水溝などで、寒さに強く、冬季になっても休眠せず、気温が高ければ冬季であっても吸血もする。

// 特徴

成虫の体長5.0㎜内外。体色は黄~茶褐色。近似種のアカイエカと非常によく似ており、成虫から正確に区別することは難しい。卵塊の卵の数と形で判定するのが分かりやすい。(アカイエカの卵数が100個以上なのに対して、チカイエカの卵数は50個程度やや少ない。)

 

// 生態

チカイエカの形態はアカイエカに酷似しているが、その生態は異なる。アカイエカは吸血しなければ産卵できないのに対し、チカイエカは、1回目の産卵は無吸血で行うことができる(2回目は吸血が必要となる)。生息場所は、都市部のビルの地下水槽、地下街、地下鉄の排水溝などで、寒さに強く、冬季になっても休眠せず、気温が高ければ冬季であっても吸血もする。

 

// 防除方法

基本的には、アカイエカの防除方法と同じで、幼虫対策としては発生源にIGR剤などの薬剤処理が有効である。成虫に対しては、市販のピレスロイド系のエアゾール式の殺虫剤、蚊取り線香、蚊取りマット、液体蚊取りなどを使用すればよい。また、発生源である地下水槽や排水槽が特定できれば、そこからの排気管などに網を張るなどして成虫の侵入・脱出を物理的に防止するのもある程度有効な手段である。

おすすめの製品

レスポンサー水性乳剤 殺虫剤

レスポンサー®水性乳剤

水性乳剤

【第2類医薬品】 少量の投与で確実に効果を発揮する医薬品のピレスロイド系殺虫剤。...

製品を見る

その他の病害・害虫・雑草を探す

ヒトスジシマカ

ヒトスジシマカ

日本では東北地方以南に生息。日本のヤブカの最も普通種。デング熱を媒介することで知られている。

表示する
アカイエカ

アカイエカ

日本全国にきわめて普通に生息。日本で最も普通にいる蚊。フィラリア症を媒介する。

表示する