チビタケナガシンクイ

害虫の食害:建材、その他(穀粉類を食害)

成虫、幼虫とも主に竹材および竹製品などの乾材を加害する。本種は竹の糖分の多い部分のみを食害し、表皮や内皮は食害しないので、外側から見ただけでは被害に気付かないことが多い。雑食性で、竹材のほか種々の材質(ラワン、トウ、紙、ダンボールなど)にも穿孔加害し、穀粉に発生することもある。

// 特徴

成虫は体長約2.5~3.5mm。暗褐色ないし黒褐色で円筒形。触角は10節で、先端の3節は幅広い。前胸背の前縁には半円形の歯列が並ぶ。幼虫は成熟したものの体長は3~4mmで、頭部は小さく、前胸に半分うずもれた形をなし、尾端は丸みを帯びる。

 

// 生態

世界の温帯に広く分布し、日本でも全土に生息する。成虫、幼虫とも主に竹材および竹製品などの乾材を加害する。本種は竹の糖分の多い部分のみを食害し、表皮や内皮は食害しないので、外側から見ただけでは被害に気付かないことが多い。壁土の中に組まれたコマイ竹に大発生することがある。気象条件により異なるが、通常年4回発生し、3月頃から11月頃まで加害する。雑食性で、竹材のほか種々の材質(ラワン、トウ、紙、ダンボールなど)にも穿孔加害し、穀粉に発生することもある。

 

// 防除方法

被害を早期に発見し、早めに駆除を行うのが肝要である。時期を逸すると被害が竹材全体に広がり、全面的な竹材の撤去、改修をしなければならない事態になる。薬剤による防除としては、被害部位を中心にピレスロイド系殺虫剤の散布、燻煙処理をする。大規模な防除には、ガス燻蒸を行う。しかし、壁の内部のコマイ竹に発生したものに対しては、薬剤を到達させることが困難なため、駆除は極めて難しい。

その他の病害・害虫・雑草を探す

クロタマムシ

クロタマムシ

本種に産卵された伐倒木などが、製材されて建材として使用された場合に新築の家屋で羽化する。

表示する
ヒラタキクイムシ

ヒラタキクイムシ

家具や建材を食害する重要な害虫。被害の多い乾材は、ラワン、ナラ、カシ、ケヤキ、タブノキ、キリ、タケなどのデンプン質の多い...

表示する
ヒメスギカミキリ

ヒメスギカミキリ

成虫は早春から晩春にかけて出現し、産卵のためスギ、ヒノキの枯木や伐採木に集まる。成虫発生期に伐採された丸太はほとんどが寄...

表示する
オオナガシンクイ

オオナガシンクイ

成虫・幼虫ともにラワン材などのデンプン質の多い材を食害し、成虫は7~8月頃に出現する。

表示する