ヤネホソバ

害虫の食害:その他(苔類を食べる)

関東地方では成虫は年3回、4月上旬、7~8月、10~11月頃に発生し、蛹で冬を越す。屋根瓦や藁葺き屋根、板塀に生じる苔類に大発生することがある。

// 特徴

成虫の前翅長は9~11mm。全体が淡い橙黄色。(春~初夏の個体は灰色を帯びる。)幼虫は終令のものでは体長約20mm前後。頭部は黒褐色。体はやや平たく全体灰褐色で、暗緑色の不規則な小斑がある。

 

// 生態

本州、四国、九州に分布する。関東地方では成虫は年3回、4月上旬、7~8月、10~11月くらいに発生し、蛹で冬を越す。屋根瓦や藁葺き屋根、板塀に生じる苔類に大発生することがある。日陰の比較的乾燥した場所を好み、人家に多数侵入したり、軒などから糸を吐いて垂下したりする。

幼虫の刺毛に触れると皮膚に発疹ができたり、ぴりぴりと痛む。刺毛1本がわずか0.05~0.2 ㎜という非常に微小な長さのため、刺毛に触れた部分をこすった場合、これらがより深く皮膚に食い込みさらに症状を悪化させることがある。刺毛に触れた時は、その部分をこすらずにセロテープを貼り付けて刺毛を取るか流水で毒毛を洗い流すと良い。発疹や痛みは2~3日で治まる。

 

// 防除方法

本種は苔を食べるので、発生源となっている苔類の除去が第一である。このような毒蛾を駆除するには、集団でいるために多くの個体を一度に退治できることから、幼虫の時の駆除が最適である。殺虫剤による処理は、エアゾール剤や園芸用の乳剤などを発生源に直接処理するとよい。

その他の病害・害虫・雑草を探す

チャタテムシ

チャタテムシ

多湿を好み、主に家屋内で見られる。不完全変態で蛹の時期がない。単為生殖を行う。

表示する
ムナビロヒメマキムシ

ムナビロヒメマキムシ

特に、新築住宅の湿気の多くカビが繁殖した壁(漆喰)、床、畳などの下から多数発生する。

表示する
トビムシ

トビムシ

家屋の中では、風呂場や台所、観葉植物の鉢など湿気の多い場所から発生することが多い。

表示する
ワラジムシ

ワラジムシ

乾燥には弱く、常に湿度の高い場所を求める。

表示する
カベアナタカラダニ

カベアナタカラダニ

赤色で発生量も多いので怖がられるが、日本での人の刺咬被害は報告されておらず、不快害虫の範疇に入る。

表示する
ゲジ

ゲジ

草むら、石や落ち葉の下、洞窟、床下などに生息する。寿命も長い。

表示する
ヤスデ

ヤケヤスデ

見た目がグロテスクな上、臭腺と呼ばれる器官から特異な臭液を分泌し、不快臭を発散する。

表示する
セアカゴケグモ

セアカゴケグモ

強い毒を持っているので、見つけても、素手では絶対に触らないようにする。

表示する
カマドウマ

カマドウマ

夜行性で、多湿で冷暗な場所(洞窟、地下室、床下など)を好む。野外では森林中の朽木や石の下などで生活している。

表示する
チャドクガ

チャドクガ

幼虫はその名前の通りお茶の葉の害虫で、他にツバキ、サザンカ、ビワなどの葉を食害する。幼虫は毒針毛を持つ。

表示する
シミ

セイヨウシミ

わずかな隙間から本棚、食器棚、食品貯蔵容器の中などに侵入し、書籍、壁紙、糊、乾燥食品、小麦粉などを食害する。

表示する