オオチョウバエ

害虫の食害:その他

成虫は一般に夜間活動性で、飛翔力は弱く、昼間は、湿気の高い厨房、風呂場、トイレなどの壁に静止している。成虫が普通に見られるのは4月~12月にかけてであるが、特に8~9月に大量発生する。

// 特徴

成虫の体長3~5mm。体色は灰褐色。体表には毛が密生している。触角は16節で、各節とも同じ形をしている。翅は体のわりに大きく、菱形で横脈がなく、脈の上には毛が生えている。脈の末端には8個の白点がある。成熟幼虫の体長は8~9mm。体色は褐色である。

 

// 生態

世界各地に広く生息する。チョウバエ類の幼虫は浄化槽、汚泥の溜まった下水溝、畜舎の排水溝など、有機物の多い汚れた水域に広く発生し、乾燥には弱い。成虫は一般に夜間活動性で、飛翔力は弱く、昼間は、湿気の高い厨房、風呂場、トイレなどの壁に静止している。成虫が普通に見られるのは4月~12月にかけてであるが、特に8~9月に大量発生する。暖房されている都市部の建物内部や地下街では年間を通じて成虫が確認される。

 

// 防除方法

浄化槽や下水処理施設に発生するチョウバエの幼虫駆除にはピレスロイド系の薬剤やIGR剤などが有効であるが、薬剤の人体や環境への影響を十分に考慮したうえで、使用には細心の注意が必要である。成虫に対しては、市販のエアゾール式の殺虫剤や燻煙剤を使用すればよい。また、発生源である浄化槽や下水溝が特定できれば、そこからの排気管などに網を張るなどして成虫の侵入・脱出を防止するのもある程度有効な手段である。

おすすめの製品

テンプリドSC 殺虫剤

テンプリド®SC

フロアブル剤

2つの殺虫有効成分イミダクロプリドとシフルトリンを配合したユニークな殺虫剤。

製品を見る

その他の病害・害虫・雑草を探す

メスアカケバエ

メスアカケバエ

名前の通り、メスのみが胸部・腹部が淡赤褐色である。生息場所は主に屋外で、特に実害はない。成虫の発生は春季に限られている。

表示する
ホシチョウバエ

ホシチョウバエ

般に夜間活動性で、昼間は、湿気の高い厨房、風呂場、トイレなどの壁に静止している。飛翔力は弱い。

表示する
ノミバエ

ノミバエ

種々の食品特に肉類などに潜り込んで産卵することがあり、食品衛生上重要な害虫。産卵された食物を食べて消化器ハエ症の原因にな...

表示する
ナガサキニセケバエ

ナガサキニセケバエ

成虫は早春の季節に最も多く、人家の台所や便所の窓でよく見かける。飛翔力は弱い。

表示する
キイロショウジョウバエ

キイロショウジョウバエ

雑食の性質が強い。成虫はイーストにより発酵した腐植物に対して敏感に反応して集まり、産卵し、発生場所となる。

表示する
クロバネキノコバエ

クロバネキノコバエ

人体への直接的な害はないが、多量に発生すると不快感を与えたり、食品への混入異物となることもある。

表示する
イエバエ

イエバエ

幼虫は主に動物死体、厨芥、便所、鶏舎、豚舎などから発生する。成虫は腐った肉、生ごみ、などに集まる。

表示する