クロゴキブリ

害虫の食害:食品

日本全土に分布する代表的な屋内ゴキブリ。幼虫が越冬型の休眠性を示すので温帯性の種類といえるが、ヤマトゴキブリよりは暖地性である。

// 特徴

成虫の体長約25~30mm。体色は光沢のある黒褐色。孵化直後から4令の幼虫は黒色で白色斑がある。

(下記はクロゴキブリの幼虫)

クロゴキブリ幼虫

 

 

// 生態

日本全土に分布する。代表的な屋内ゴキブリ。幼虫が越冬型の休眠性を示すので温帯性の種類といえるが、ヤマトゴキブリよりは暖地性である。冬の暖房のが不十分な屋内にも定住できるので、従来からの日本式木造家屋にも普通に見られる。成虫は5~7月に羽化し、5~10月に産卵を続ける。幼虫の孵化は6~10月で、屋内の活動期にはいろいろな発育段階のものが見られる。

 

// 防除方法

ゴキブリの防除方法は、大きく分けると殺虫剤による防除と粘着トラップ等による防除の2種類がある。

殺虫剤による防除方法は、

①ゴキブリが徘徊するところに残効性のある殺虫剤(ピレスロイド系殺虫剤等)を散布する残留処理法

②殺虫成分を細かい粒子状にして空中に噴出揮散させる燻煙、加熱蒸散法

③毒餌によるベイト法

などがある。ゴキブリは薬剤抵抗性がつきやすいので、続けて同じ薬剤ばかり使わずに一年くらい毎に使う殺虫剤の系をローテーションさせて使用する方がより効果的である。粘着トラップによる防除はゴキブリが出没するところに設置して捕獲する。ゴキブリの棲息密度を調べるためのモニター用としても活用できる。

おすすめの製品

マックスフォース マグナム 殺虫剤

マックスフォース® マグナム

ベイト剤

【防除用医薬部外品】 速効成分フィプロニルを配合した、液剤散布に代わる高性能なゴキブリ駆除用ベイトジェル。

製品を見る
マックスフォース ジェル K 殺虫剤

マックスフォース® ジェル K

ベイト剤

【第2類医薬品】 マックスフォース ジェル...

製品を見る
レスポンサー水性乳剤 殺虫剤

レスポンサー®水性乳剤

水性乳剤

【第2類医薬品】 少量の投与で確実に効果を発揮する医薬品のピレスロイド系殺虫剤。...

製品を見る

その他の病害・害虫・雑草を探す

イエバエ

イエバエ

幼虫は主に動物死体、厨芥、便所、鶏舎、豚舎などから発生する。成虫は腐った肉、生ごみ、などに集まる。

表示する
ノミバエ

ノミバエ

主に腐敗した動物質、植物質、漬物、堆肥、ごみ、下水溝や浄化槽のスカムなどから発生する。

表示する

ネコノミ

ネコのほかイヌ、イタチ、ネズミ等多くの哺乳動物に寄生する。ヒトにもたかりやすい。

表示する
マダニ

マダニ

マダニ類は全種が脊椎動物寄生性で、主として哺乳類、鳥類、爬虫類から吸血する。

表示する
トコジラミ

トコジラミ

昼間は壁の隙間、ベッドの中などの隠れ家に群がって潜み、夜出てきて吸血する。

表示する
ワモンゴキブリ

ワモンゴキブリ

本種の成虫は日本における屋内性ゴキブリの中で最も大型。

表示する
チャバネゴキブリ

チャバネゴキブリ

世界各地に分布する代表的な屋内ゴキブリ。繁殖力が非常に強い。

表示する
イエダニ

イエダニ

主としてドブネズミ、クマネズミを宿主とするが、他のげっ歯類からも見出される。

表示する
ヤマトゴキブリ メス

ヤマトゴキブリ

基本的には屋外種で、比較的寒さに強い。

表示する