アミメアリ

害虫の食害:食品、その他

アリには比較的永続性の高い巣を作るものが多いが、アミメアリは決まった巣を持たず、餌を求めて適宜集団移動するのが特徴である。

// 特徴

体長は3mm内外。体色は頭部と胸部、腹柄節は茶褐色だが腹部は黒褐色で、丸く光沢がある。腹部の形態は涙滴型。頭部と胸部には光沢がなく、表面に細かい網目状の隆起が張り巡らされている。胸部の後方には、長く鋭い一対の棘がある。

 

// 生態

日本全国に広く分布する。森林とその周辺に生息するが、人家の周囲でも見られ、石の下や朽ち木などの隙間に集団でひそみ、そこで卵や幼虫、蛹を管理する。アリには比較的永続性の高い巣を作るものが多いが、アミメアリは決まった巣を持たず、餌を求めて適宜集団移動するのが特徴である。

また、家族の中心たる女王アリもおらず、いわゆる働きアリだけで産卵し繁殖する(多女王性)。産卵は、成虫になってからあまり年齢を経ていない若い働きアリが少数ずつ行う。夏季に大量発生し家屋に侵入して問題となることがある。

 

// 防除方法

アリ類の完全な駆除は一般的に困難なことが多い。巣を見つけ出すことは簡単ではないし、たとえ見つけたとしても雌アリは巧妙に逃走することが多い。このようなアリの駆除にはベイト法(食毒)が有効である。市販のアリ用のベイト剤をアリの出没する部屋や場所にまとめ置きしておく。働きアリは活発に顆粒の毒餌を巣へ運び込み、やがて巣を崩壊させる。なお、あまり数が多くベイト剤がすぐに消失してしまう場合は、砂糖水などに大量誘引させてから熱湯をかけて殺すという作業を何回か繰り返してから、ベイト剤を設置するとよい。

その他の病害・害虫・雑草を探す

サクラアリ

サクラアリ

やや湿った平地に近い自然林の石の下や、少し深い土の中で営巣する。夏季の活動はより敏活で、甘味を求めて家屋内に侵入してくる...

表示する
ルリアリ

ルリアリ

ベランダなどに営巣したものが家屋内に侵入し、不快害虫として問題になることもある。羽アリは7~8月に飛び出る。

表示する
イエヒメアリ

イエヒメアリ

コロニーには数匹の女王がいて、繁殖力は極めて大きい。食物の嗜好性は幅広く、食物であれば何でも群がる。

表示する
アルゼンチンアリ

アルゼンチンアリ

繁殖力・攻撃性が非常に強いため、浸入した地域の生態系を破壊してしまう。世界および日本の侵略的外来種ワースト100に選定

表示する
ヒメアリ

ヒメアリ

雑食性で、わずかな隙間から屋内に入り、砂糖、菓子類をはじめ乾魚、乾肉なども餌の対象となる。

表示する
トビイロケアリ

トビイロケアリ

植木鉢の下などによく営巣する。台所や風呂場などの木材の腐朽部や土中にも営巣する。室内によく侵入し、砂糖や菓子に群がる。

表示する
キイロシリアゲアリ メス

キイロシリアゲアリ

春・夏は甘味を求めて家屋内・温室内に侵入する。羽蟻は9月~10月頃夕方に飛び出し、灯火によく集まるため、家屋にもよく侵入...

表示する
ヒアリ

ヒアリ

ヒアリは、土でアリ塚(巣)を形成する特徴があり、その巣を刺激すると、集団で襲いかかって腹部の毒針で何度も刺すなど、非常に...

表示する
オオハリアリ

オオハリアリ

一般家庭の庭にも多く、芝生や灌木の上などに見られる。他のアリやシロアリを捕食する。

表示する