ヒアリ

害虫の食害:その他(毒針による刺傷被害)

ヒアリは、土でアリ塚(巣)を形成する特徴があり、その巣を刺激すると、集団で襲いかかって腹部の毒針で何度も刺すなど、非常に攻撃性が強い。

// 特徴

働きアリの体長は約2.5~6.0mmと、非常にばらつきがある(多形性)。体色は赤褐色で、腹部後半は赤黒色~黒色。腹部の先端に毒針をもっている。触角は10節からなり、先端の2節が大きくこん棒状。腹柄は2節で、前伸腹節に棘や突起がない。

 

// 生態

南米中部の原産であるが、米国、オーストラリア、中国、台湾などの環太平洋地域の国々に侵入、定着し、地球規模でその分布を広げている。(2017年7月現在)日本では、2017年5月26日に兵庫県尼崎市で、中国広州市からのコンテナで初めて発見され、その後、神戸港や名古屋港などでも発見の報告が上がっている。

ヒアリは、土でアリ塚(巣)を形成する特徴があり、その巣を刺激すると、集団で襲いかかって腹部の毒針で何度も刺すなど、非常に攻撃性が強い。ヒアリに刺されると、アルカロイド系の強い毒による痛みやかゆみ、発熱、じんましん、激しい動悸等の症状が引き起こされる。また、アレルギー性のショックで昏睡状態に陥ることもあり、最悪の場合、死に至ることもある。侵入地域の米国では、年間100人以上の死者が出ている。死傷被害は、人間だけでなく、ペットや家畜などっでも多数の報告があがっている。

なお、本種は、世界の侵略的外来種ワースト100選定種であり、特定外来生物にも指定されている。

 

// 防除方法

現在のところ、ヒアリを発見したら地方環境事務所等に通報を行う。

駆除する場合は、専門業者に相談、依頼した方が、安全で、効果も高い。

テンプリドSCによるヒアリの防除方法

テンプリドSCについて

その他の病害・害虫・雑草を探す

サクラアリ

サクラアリ

やや湿った平地に近い自然林の石の下や、少し深い土の中で営巣する。夏季の活動はより敏活で、甘味を求めて家屋内に侵入してくる...

表示する
ルリアリ

ルリアリ

ベランダなどに営巣したものが家屋内に侵入し、不快害虫として問題になることもある。羽アリは7~8月に飛び出る。

表示する
イエヒメアリ

イエヒメアリ

コロニーには数匹の女王がいて、繁殖力は極めて大きい。食物の嗜好性は幅広く、食物であれば何でも群がる。

表示する
ヒメアリ

ヒメアリ

雑食性で、わずかな隙間から屋内に入り、砂糖、菓子類をはじめ乾魚、乾肉なども餌の対象となる。

表示する
トビイロケアリ

トビイロケアリ

植木鉢の下などによく営巣する。台所や風呂場などの木材の腐朽部や土中にも営巣する。室内によく侵入し、砂糖や菓子に群がる。

表示する
アルゼンチンアリ

アルゼンチンアリ

繁殖力・攻撃性が非常に強いため、浸入した地域の生態系を破壊してしまう。世界および日本の侵略的外来種ワースト100に選定

表示する
キイロシリアゲアリ メス

キイロシリアゲアリ

春・夏は甘味を求めて家屋内・温室内に侵入する。羽蟻は9月~10月頃夕方に飛び出し、灯火によく集まるため、家屋にもよく侵入...

表示する
アミメアリ

アミメアリ

決まった巣を持たず、餌を求めて適宜集団移動するのが特徴。女王アリもおらず、いわゆる働きアリだけで産卵し繁殖する。

表示する
オオハリアリ

オオハリアリ

一般家庭の庭にも多く、芝生や灌木の上などに見られる。他のアリやシロアリを捕食する。

表示する