シロアリの対処法

シロアリの被害から大切な家を守るには

薬剤処理でシロアリの侵入をブロックする「バリア工法」

シロアリは、樹木の根回りや廃材等の接地部分に巣をつくり、地中で餌を探し回ります。また、障害物にぶつかると上に向かって蟻道を作る習性があるため、建 物へも侵入してきてしまいます。その侵入を断ち、被害を予防するには、床下地面(基礎の内側や束石の周囲、その他シロアリの通り道となる土壌)に薬剤を処理してバリア層をつくる方法が最も一般的かつ効果的です。

 

「伝播効果」でシロアリを巣ごと退治。だから、安心&効果的

バリア工法ではおもに、「非忌避性薬剤」が処理されます。このタイプの薬剤は臭いや刺激がないため、シロアリは処理された土壌に気づくことなく接触し、身 体に薬剤を付着させます。しかし、薬剤は遅効性のためシロアリはすぐには死なず、そのまま巣へと戻ります。そして、仲間同士が接触し合う"グルーミング" という習性で、薬剤が他のシロアリへ次々に拡散していき(伝播効果)、最終的にはコロニー(集団)そのものを根絶させることができます。

 

シロアリ防除にオススメ!信頼と実績のバイエル製品

「ドミノ効果」(伝播効果)で効果的にシロアリ退治! 2つの防除剤シリーズ!

バリア工法で使用される非忌避性薬剤として、バイエルでは信頼と実績を誇る『ハチクサン』と『アジェンダ』の各シリーズを取り揃えています。両剤ともに、独自の伝播効果=「ドミノ効果」によって確実に薬剤成分をコロニー(巣)内に拡散させ、そこにいるシロアリをまるごと退治することができます。

バイエルのシロアリ防除剤はすべて、公益社団法人日本しろあり対策協会、ならびに公益社団法人日本木材保存協会の認定を取得しており、安全性が証明されています。