ヤマトシロアリ

害虫の食害:建材、その他

建物に対する加害が最もひどくなるのは、4~7月、9~10月で、特に梅雨の頃活動が激しい。羽蟻の群飛は、通常4月下旬~5月にかけての日中、特に雨が降った後の温暖な日の午前10時から12時頃に行われる。

// 特徴

職蟻は、体長2.5~5.0mm、体色は乳白色で、頭部は黄白色をしている。兵蟻は、体長3.5~6.0mm、頭部は淡褐色の円筒形で、長さは体長の約1/2近くになる。有翅虫の体長は4.5~7.5mm。腹部は胸部と同じ幅で、基部は細くくびれていない。胸部背面に翅根部をもつ。体表は暗褐色ないし黒褐色で、前胸背板部のみ黄色となっている。

 

// 生態

北海道北部をのぞく日本全土に分布する。自然界においては森林内の枯れ木や腐朽した木を食べる分解者(森の掃除屋)ではあるが、人間にとっては家屋を食害する大害虫である。建物に対する加害が最もひどくなるのは、4~7月、9~11月で、特に梅雨の頃活動が激しい。本種の職蟻は他の階級へ分化する能力を持つ擬職蟻で、50頭程度の職蟻の小集団から新しいコロニーが再生することが知られている。羽蟻の群飛は、通常4月下旬~5月にかけての日中、特に雨が降った後の温暖な日の午前10時から12時頃に行われる。

 

// 防除方法

シロアリ防除専用の薬剤で処理する。家屋にシロアリが発生した場合、素人による完全な駆除はなかなか難しい上、殺虫剤等で変に刺激を与えてしまうと駆除が困難になる場合があるので、専門業者等に相談する方がよい。

Recommended products

ハチクサンME シロアリ防除剤

ハチクサン®ME

水性乳剤

イミダクロプリドを主成分とする木部用処理剤です。臭いが少なく、バイエルの土壌処理剤と同時使用で住宅をしっかり守ります。 

製品を見る
ハチクサンMC シロアリ防除剤

ハチクサン®MC

マイクロカプセル

マイクロカプセル化により効果の安全性を向上させ、低薬量でも安定した効果を実現します。

製品を見る
ハチクサン水和顆粒 シロアリ防除剤

ハチクサン®水和顆粒

顆粒水和剤

【医薬用外劇物】 ハチクサンFLの性能、ドミノ効果はそのままに、顆粒水和剤製剤を採用。

製品を見る
アジェンダSC シロアリ防除剤

アジェンダ®SC

フロアブル剤

【医薬用外劇物】 高いドミノ効果を発現する殺虫剤フィプロニルを採用した、新しいシロアリ防除剤です。

製品を見る
アジェンダMC シロアリ防除剤

アジェンダ®MC

マイクロカプセル

アジェンダMCは高い効果の殺虫剤フィプロニルの効果をそのままに、マイクロカプセル化。薬剤投入量も更に少なく。

製品を見る
ハチクサンFL シロアリ防除剤

ハチクサン®FL

フロアブル剤

【医薬用外劇物】 信頼と実績の業界NO.1ブランド。シロアリを効果的に薬剤へ接触させ確実に致死させる「ドミノ効果」を発現...

製品を見る

その他の病害・害虫・雑草を探す

イエシロアリ

イエシロアリ

建物に対する加害が最もひどくなるのは、春季から夏季にかけてである。本種は、数種いるシロアリの中でも特に加害の激しい種類で...

表示する
アメリカカンザイシロアリ

アメリカカンザイシロアリ

地中の巣や蟻道は造らず、建築物の木材、木製家具、野外の枯木中に孔道をあけて生息している。

表示する