ストレスガード製剤体験者インタビュー

静岡県 富士カントリークラブ

グリーンキーパー 土屋 敏美 様 

富士カントリークラブ 土屋敏美様
〒412-0024 静岡県御殿場市東山2472
土屋様は、富士カントリークラブのグリーンキーパーとしてご活躍されています。
富士カントリークラブは、昭和33年開場の歴史と伝統を持ち、クラブハウスは国の登録有形文化財(建造物)になっている名門コースです。
競技志向のメンバー様が望まれる早いグリーンを維持するため、ストレスガード製剤であるシグネチャーWDGを上市時より毎年使用されています。
ホセチルの亜リン酸効果で根が伸び、夏越しが楽に グリーンキーパー 土屋 敏美 様

ストレスガード剤を採用したきっかけ

「平成24年の静岡県新技術研修会でストレスガード製剤の技術説明を聞きました。紫外線カットにより、夏越しを楽にしたいという思いから大変興味を持ち、採用に至りました」

 

使用時期と使用回数について

「シグネチャーを6月から9月まで年4回、散布水量 100ml、薬量1gで使用しています。 スプレイヤーでの少水量散布が可能で、液肥と混用ができ、使いやすいと思います。」

 

具体的に何が良くなったか

「有効成分ホセチルの亜リン酸効果により、根が伸び、夏越しが非常に楽になりました。また、グリーンの色も良くなりました。」