ストレスガード製剤体験者インタビュー

山口県 宇部72カントリークラブ

統括グリーンキーパー 伊藤 隆弘 様

宇部72カントリークラブ 伊藤隆弘様
〒754-1277山口県山口市阿知須2423-1

宇部72カントリークラブは、1960年開場(阿知須コース)で、日本女子オープンや日本シニアオープン、宇部興産オープンなど男女トッププロの大会を開催した名門コースです。
伊藤様は宇部72カントリークラブ4コースの統括グリーンキーパーを務められています。1級芝草管理技術者の資格をお持ちで、各種研修会にも積極的に参加され、国内外の最新技術情報を常に取得されています。

スプレーヤーでの少水量散布でコストダウン 統括グリーンキーパー 伊藤 隆弘 様

ホセチルの亜リン酸効果

「夏場に重要視される亜リン酸を単独で撒いているが、シグネチャーの有効成分である「ホセチル」は最終的に亜リン酸になり、しかも殺菌剤の役目とUVカットも入っているので非常に良い」

 

予防散布の重要性

「病害が出た後に撒くと回復までに時間がかかり、精神的にも工数的にも負担が大きい。一方、予防散布をすると状態も良いし、(結果的に)コストもかからないと思う」

 

スプレーヤーでの少水量散布でコストダウンを

「シグネチャーをスプレーヤーで1gで撒くのとタンク車で2gで撒くのと同じ効果を得られた。スプレーヤーで撒けばタンク車の2分の1の量ですむので、m2単価はかなり下がる。また、スプレーヤーは均一に撒けるし、人員も抑えられる利点がある」

 

全国高校選手権に向けて、グリーンの管理を徹底

「今年は8月4日から全国高校選手権がある。テレビ中継があるので、それに向けてグリーンの管理を重点的に行う必要があるので、バイエルの推奨予防散布プログラムを1コースほど取り入れてみたい」