ゾイシアデクラインをしっかり防除するには

ゾイシアデクラインの防除方法(事前準備)

Print page

ゾイシアデクラインを防除するための事前準備として、まず重要なことをご説明します。

1. 日本芝の生育不良の要因を特定する

前述の通り、春の日本芝の生育不良は様々な要因で起こります。まずはゾイシアデクラインが要因であるかを確認しましょう。そのためには病害診断をおすすめします。バイエルが実施している病害診断の依頼方法は「よくある質問と回答のページ」をご確認ください。

 

2. ゾイシアデクラインが要因であることが確定したら、病害箇所をマッピング 

になると自然回復する可能性が高いため、病害発生箇所が分かる春のうちにしっかりマッピングしておくことが重要です。

マッピング

マッピングのイメージ図

 

3. 土壌のpHを確認

アルカリ性の土壌では病害の進行を助長することが分かっています。土壌改良によって病徴を軽減させることも期待できますので、まずは土壌pHの確認をしてみてください。

 

4. 土壌の物理性を確認

ゾイシアデクラインは根に感染する病害ですので、根の生育環境が良好であれば根の健全性が増して病害に対する抵抗力が高まります。透水性や通気性が良好であるかどうか確認しておきましょう。

 


 

4 ゾイシアデクラインの防除方法(耕種的防除)

5 ゾイシアデクラインの防除方法(化学的防除)

6 まとめ

 

前のページに戻る

最初のページに戻る