ストレスガード製剤技術

ストレスガード製剤技術とは

ストレスガード製剤技術とは?

ストレスガードの仕組み

夏場の過剰な熱や紫外線(UVB)は、植物の光化学系に損傷を与え、光合成を阻害し、植物を衰弱させます。その重症度によっては、炭水化物貯蔵量や本来備わっている植物防御機能を低下させ、枯死に繋がる場合もあります。ストレスガード製剤技術は、紫外線(UVB)を効果的に遮断しつつ光阻害を緩和する、バイエルの独自技術です。この製剤技術を用いた殺菌剤を使用することにより、病害の防除はもちろん、芝のストレス軽減や色合いの向上など、ターフクオリティーを向上させることが可能となります。 ストレスガード製剤技術が、高い「プラントヘルス効果」を引き出します。

ストレスガード製剤とは