葉腐病(ブラウンパッチ)

病原体:リゾクトニア菌

高温期(24~32℃)になるとベントグリーンに必ずといってよいほど発生し、過湿の低刈りグリーンで多発しやすい。発病環境が整うと急激に症状が出るので赤焼病との区別がつかなくなる。

【発生芝種】ベントグラス、ライグラス、バミューダグラス
【別名】褐色葉腐病、くものす病、紋枯病、リゾクトニアブライト(Rhizoctonia blight)

菌の主な生息部位

 

発生芝種・発生時期

 葉腐病(ブラウンパッチ)

 

発生生態

高温期(24~32℃)になるとベントグリーンに必ずといってよいほど発生し、過湿の低刈りグリーンで多発しやすい。発病環境が整うと急激に症状が 出るので赤焼病との区別がつかなくなる。サンドグリーンの場合サンド層の厚さと発生量には相関がある。診断時にはグリーン湿度の高低によってパッチの色調 が変わるので注意する。ベントグリーンに病原菌を接種する(7月下旬)と菌糸の塊り(感染子座)を形成して芝の細胞に侵入する。2週間後にスモーキーリング、3週間後には典型的なブラウンパッチ症状となる。

 

予防対策

芝の密度(草冠)が高い場合や肥料(窒素)の過多、過少は発病を助長する。第一次伝染源となる病原菌の疑似菌核と菌糸が存在するサッチの除去に心がける。 薬剤感受性の異なる菌株があるといわれているので同じ作用性の薬剤を連続使用しないことが大切である。

 

治療対策

DMI剤、ジカルボキシイミド剤、SDHI剤、QoI剤系の殺菌剤の散布が有効である。防除が遅れると生長点のある冠部にまで感染するので裸地化して回復に時間がかかる。

 

バイエルの推薦防除方法

SDHI剤、QoI剤、DMI剤、尿素剤の予防散布が効果的です。治療散布でも早く回復します。

 

参考写真

リゾクトニア菌(ブラウンパッチ)の菌そう. 培養すると白色から褐色になり、後期には褐色の菌糸塊ができる

 

褐色菌糸の塊りの顕微鏡写真. このような塊りはラージパッチのリゾクトニア菌にはみられない

 

ベントグリーンに発生したブラウンパッチの感染芝を培地に置くとほぼリゾクトニア菌のみが増殖してくる(10月)

 

使用中のベントグリーンに発生したブラウンパッチ(7月)

 

典型的な活動中のブラウンパッチ(ベントグリーン 7月)

 

やや淡褐色のブラウンパッチ(ベントグリーン 7月)

 

高温湿潤の気象条件で暗褐色になったブラウンパッチ(ベントグリーン 8月)

 

激しく蔓延している輪郭の不鮮明なブラウンパッチ(ベントグリーン 8月)

 

感染・発病が急速に進んで縁が暗緑色になっているブラウンパッチ. 赤焼病の病斑と混同しやすい(ベントグリーン 7月)

 

葉腐病(ブラウンパッチ) 24-10

人工接種して発病させた濃褐色円形部分から外に広がったブラウンパッチ(接種21日後. ベントグリーン 8月)

 

葉腐病(ブラウンパッチ) 24-11

DMI剤処理によるブラウンパッチ(リゾクトニア)菌の形態変化。 a:感染葉上で活発に活動している生きた菌糸(薬剤処理無し) b:薬剤処理後の菌糸は萎れてほぼ枯死状態になっている

おすすめの製品

ミラージュフロアブル 殺菌剤

ミラージュ®フロアブル

フロアブル剤

ミラージュフロアブルはストレスガード製剤技術を採用した芝用殺菌剤です。幅広い病害に安定した効果を発揮します。

製品を見る
デディケートフロアブル 殺菌剤

デディケート®フロアブル

フロアブル剤

デディケートフロアブルは活性が高く、広い2つの有効成分が入った殺菌剤。多くの病害が同時に発生するベントグラスグリーンに対...

製品を見る
インターフェースフロアブル 殺菌剤

インターフェース®フロアブル

フロアブル剤

インターフェースフロアブルはQoI剤とイプロジオン(ロブラール)の混合剤[非DMI(EBI)混合剤]です。

製品を見る
バイエル タフシーバフロアブル 殺菌剤

バイエルタフシーバ®フロアブル

フロアブル剤

バイエルタフシーバフロアブルは適用病害と散布適期の幅広さ、そして効果の高さで定評があります。

製品を見る

その他の病害・害虫・雑草を探す

コウライシバ黒点葉枯症

その他の伝染性病害

表示する
黄斑症(イエロースポット)

黄斑症(イエロースポット)

表示する
灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

表示する
テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

表示する
サマーパッチ

サマーパッチ

表示する
疑似葉腐病(ラージパッチ)

葉腐病(ラージパッチ)

表示する
ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

表示する
細菌病

細菌病

表示する
疑似葉腐病(春はげ症)

疑似葉腐病(春はげ症)

表示する
赤葉腐病(レッドスレッド)

赤葉腐病(レッドスレッド)

表示する
赤焼病

赤焼病

表示する
いもち病

いもち病

表示する
ブラウンリングパッチ

ブラウンリングパッチ

表示する
ダラースポット病

ダラースポット病

表示する
ドライスポット

ドライスポット

表示する
フェアリーリング病

フェアリーリング病

表示する
フザリウム病

フザリウム病

表示する
ヘルミントスポリウム葉枯病

ヘルミントスポリウム葉枯病

表示する
混合感染

混合感染

表示する
蘚類(コケ類)

蘚類(コケ類)

表示する
ネクロティックリングスポット病

ネクロスティックリングスポット病

表示する
樹下枯損症

樹下枯損傷

表示する
ピシウム病

ピシウム病

表示する
さび病

さび病

表示する
ほこりかび病

ほこりかび病

表示する
雪腐病

雪腐病

表示する
疑似葉腐病(イエローパッチ)

疑似葉腐病(イエローパッチ)

表示する
白葉腐病(ホワイトパッチ)

白葉腐病(ホワイトパッチ)

表示する
スプリングデッドスポット

スプリングデッドスポット

表示する
サマーデクライン

サマーデクライン

表示する
象の足跡

疑似葉腐病(象の足跡)

ラフやバンカー周りなど草丈の高い、刈り込みの少ない場所に発生しやすい。20~50cm前後のパッチやリング状になり、縁は赤...

表示する
炭疽病

炭疽病

炭疽病の診断は菌特有の小さな三日月形の胞子と針のような黒い剛毛を観察することで可能であるが、感染初期にはまだ形成されてい...

表示する