イネ科

学名:Paspalum thunbergii

 

基本情報・生態・形態

日本在来種のの多年草。 草丈は30~60センチ。花茎は高く伸び、先端には3~5本程度の扁平な穂をつける。類縁種にはシマスズメノヒエ・キシュウスズメノヒエなどがある。刈り込みや踏み付けに強く、横に這うように成育する。分布は本州から九州まで広い範囲に及ぶ。

 

発生時期

初夏から独特な扁平な穂を出す。

 

被害・影響

ゴルフ場のラフや法面などに群生することが多い。踏み付けや刈り込みに強く、横に這うように成育するので耕種的な防除だけでは対処が難しい。

 

効果のある除草剤など

トリビュートOD

おすすめの製品

トリビュートOD 除草剤

トリビュート®OD

水溶性液体

有効成分を油に分散させ、散布時の展着力を高めます。天候不順にも強く、より良い保持力・吸収を促します。

製品を見る

その他の病害・害虫・雑草を探す

メリケンカルカヤ

メリケンカルカヤ

表示する
ハルガヤ

ハルガヤ

表示する
アキメヒシバ

アキメヒシバ

表示する
チガヤ

チガヤ

表示する
シマスズメノヒエ

シマスズメノヒエ

表示する
エノコログサ

エノコログサ

表示する
スズメノカタビラ

スズメノカタビラ

表示する
オヒシバ

オヒシバ

表示する
メヒシバ

メヒシバ

表示する
ホソムギ

ホソムギ

表示する