ほこりかび病

病原体:ホコリカビ菌(粘菌類、変形菌類)

梅雨や秋雨の時期に降雨が続き、空気中の湿度が飽和状態になったときに突如として葉に子実体が発生する。この子実体は胞子の塊りで、菌の種類によって白色、灰色、紫色、褐色、黒色を呈する。芝へに影響は少ないが、その異様さに驚くことが多い。フェアウェイやグリーンに胞子が空気伝染してスポット~筋状に発生する。

菌の主な生息部位

 

発生芝種・発生時期

ほこりかび病

 

発生生態

粘菌類の一種であるこの病原体(変形体)は一定の形をせず、アメーバのように姿形が変化する。梅雨や秋雨の時期に降雨が続き、空気中の湿度が飽和状態に なった時に突如として葉に子実体が発生する。この子実体は胞子の塊りで、菌の種類によって白色、灰色、紫色、褐色、黒色を呈する。芝への影響は少ないがその異様さに驚くことが多い。フェアウェイやグリーンに胞子が空気伝染してスポット~筋状に発生する。

 

予防対策

芝にあまり影響せず、発生も少ないので予防対策は通常行われない。

 

治療対策

防除が必要な場合は多作用点阻害剤の散布で十分である。

 

バイエルの推薦防除方法

美観を損ねるくらいに発生すれば呼吸阻害剤を散布します。

 

参考写真

ホコリカビ病 8-1

ほこりかび病菌の丸い褐色の休眠胞子. この胞子の中から水中を泳ぐ遊走子が出てくる

 

ホコリカビ病 8-2

枯死芝の表面に形成された子実体(結実器官). 一部は袋が破れて休眠胞子が飛散できる状態

 

ホコリカビ病 8-3

緑色葉の表面に形成された青紫の子実体

 

ホコリカビ病 8-4

こん棒状の暗褐色子実体(ノシバ 9月)

 

ホコリカビ病 8-5

柄を持っている黒い子実体(ベントグラス 8月)

 

ホコリカビ病 8-6

フェアウェイに発生した灰色のほこりかび病(ハイイロホコリカビ菌)(コウライシバ 8月)

 

ホコリカビ病 8-7

スジ状に発生したほこりかび病(ハイイロホコリカビ菌)(コウライフェアウェイ 7月)

 

ホコリカビ病 8-8

ラフのブルーグラスに発生した紫色のほこりかび病(ムラサキホコリカビ菌)(7月)

その他の病害・害虫・雑草を探す

コウライシバ黒点葉枯症

その他の伝染性病害

表示する
黄斑症(イエロースポット)

黄斑症(イエロースポット)

表示する
灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

表示する
テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

表示する
サマーパッチ

サマーパッチ

表示する
象の足跡

疑似葉腐病(象の足跡)

ラフやバンカー周りなど草丈の高い、刈り込みの少ない場所に発生しやすい。20~50cm前後のパッチやリング状になり、縁は赤...

表示する
炭疽病

炭疽病

炭疽病の診断は菌特有の小さな三日月形の胞子と針のような黒い剛毛を観察することで可能であるが、感染初期にはまだ形成されてい...

表示する
疑似葉腐病(ラージパッチ)

葉腐病(ラージパッチ)

表示する
ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

表示する
細菌病

細菌病

表示する
疑似葉腐病(春はげ症)

疑似葉腐病(春はげ症)

表示する
赤葉腐病(レッドスレッド)

赤葉腐病(レッドスレッド)

表示する
葉腐病(ブラウンパッチ)

葉腐病(ブラウンパッチ)

表示する
赤焼病

赤焼病

表示する
いもち病

いもち病

表示する
ブラウンリングパッチ

ブラウンリングパッチ

表示する
ダラースポット病

ダラースポット病

表示する
ドライスポット

ドライスポット

表示する
フェアリーリング病

フェアリーリング病

表示する
フザリウム病

フザリウム病

表示する
ヘルミントスポリウム葉枯病

ヘルミントスポリウム葉枯病

表示する
混合感染

混合感染

表示する
蘚類(コケ類)

蘚類(コケ類)

表示する
ネクロティックリングスポット病

ネクロスティックリングスポット病

表示する
樹下枯損症

樹下枯損傷

表示する
ピシウム病

ピシウム病

表示する
さび病

さび病

表示する
雪腐病

雪腐病

表示する
疑似葉腐病(イエローパッチ)

疑似葉腐病(イエローパッチ)

表示する
白葉腐病(ホワイトパッチ)

白葉腐病(ホワイトパッチ)

表示する
スプリングデッドスポット

スプリングデッドスポット

表示する
サマーデクライン

サマーデクライン

表示する