雪腐病

病原体:ティフラ菌、ミクロドキウム菌、ピシウム菌、ミリオスクレロチニア菌、コプリナス菌

雪腐病は北海道から日本海側を中心とした積雪地帯において融雪後に現れるパッチの総称である。積雪機関が長いほど被害が大きいが、最近では積雪がなくとも発生が認められているので、その他の地域でも問題になっている。病原菌は気温-2℃~5℃の低温と過湿の条件下で病原性を示す。

【別名】スノーモールド(Snow mold)、スノーブライト(Snow blight)

菌の主な生息部位

 

 

発生芝種・発生時期

雪腐病

 

発生生態

雪腐病は北海道から日本海側を中心とした積雪地帯において融雪後に現れるパッチの総称である。積雪期間 が長いほど被害が大きいが、最近では積雪が無 くとも発生が認められているのでその他の地域でも問題になっている。病原菌は気温-2~5℃の低温と過湿の条件下で病原性を示す。積雪の低温下では拮抗菌 など他の微生物の活動は停止し、蓄積炭水化物が減少して抵抗力の弱った芝に病原菌は日和見的に菌糸を伸ばし侵入・感染する。

  • 雪腐(褐色、黒色)小粒菌核病
  • 土壌伝染性のこの病気は積雪が多く、土壌が凍結しない地域に多く発生する。小さなスポットから1m位の褐色 パッチが発生し、乾くと白色(菌糸の塊り)になる。パッチの様子で軽症(I型)と重症(Ⅱ型)に分ける場合もある。病原菌であるティフラ菌はかすがい連結 を持つ担子菌でパッチ内部の枯死葉や根部には褐色または黒色のツブ(菌核)を冬の終わりに形成する。越夏した菌核は秋になるとこん棒状の桃色または白色の キノコ(子実体)が出てくる。
    褐色小粒菌核病の場合は菌核から伸びる菌糸と胞子が感染源となるが、黒色小粒菌核病では菌糸のみが感染源となる。本州では茎葉部を侵害する褐色小粒菌核病が多く発生する。黒色小粒菌核病は気孔付近の細胞に侵入し、地際深く(冠部)まで感染するので回復に時間がかかる。症状の軽い小さなパッチは降雪に関係な く晩秋や初春に発生する。

  • 紅色雪腐病
  • 数cmから50cmのパッチを形成し、雪融け7~10日後のみ 桃色~赤褐色に、その後は淡褐色~褐色に変わ る。水はけのよい火山灰土地域や残雪になる場所に発生しやすい。土壌伝染および種子伝染する。パッチ内に菌核はできない。積雪がなくても発生し、この場合はミクロドキウムパッチといわれる。罹病組織を観察するとカマ形胞子が無数見られる。

  • 雪腐大粒菌核病
  • 胞子飛散による空気伝染性のこの病気は積雪の有無にかかわらず土壌が凍結するような北海道の東部で発生が多い。これは芝の凍障害により感染が容易になるためという。パッチ内にネズミの糞状の黒いツブ(菌核)を形成し、秋になるとここから茶褐色のキノコ(子のう 盤)を造る。褐色小粒菌核病と同様に芝の下部まで感染するので回復に時間がかかる。

  • 褐色雪腐病
  • 湿った雪質地帯で雪解けの停滞水や水ミチに沿って発生するとい う特徴のある土壌伝染性病害である。パッチの 大きさはダラースポットのサイズから大きなものまで様々であるが輪郭が不鮮明で乾燥すると灰褐色になる。I型のパッチが多く、パッチ内にはツブは形成されない。根雪初期あるいは融雪直後に菌糸または遊走子が気孔侵入して感染、発病させ、劇症の場合は根部まで枯死させる。感染組織内には菌特有の胞子のうや丸 い卵胞子が形成されている。越夏は卵胞子である。

  • その他の雪腐病
  • ティフラ菌の一種 Typhula phacorrhiza による雪腐病は日本では発生が少ないが、他のティフラ菌に対して拮抗作用がある。芝への病原性は弱い。コプリナス雪腐病も日本で確認されているが発生は少 なく、パッチの周縁が淡い褐色帯になっているのが特徴である。コムギスッポヌケ病菌も雪腐病を発生させ、ネズミ色のツブ(菌核)を造る。

 

予防対策

雪腐病は11月から12月の積雪前に薬剤を予防的に散布するのが基本である。散布が遅れて積雪が始まった時でも浅いうちならそのまま液剤や粒剤を処理しても有効である。殺菌剤としてはDMI、ジカルボキシイミド、AH、MBC、QoI、SDHIや多作用点阻害剤などが使われる。褐色雪腐病予防にはピシウム菌に有効な剤となる。散布後降雨があると薬剤の流亡が激しく効果が低下する。浸透移行性の薬剤は低温時期使用のためその性質を発揮できない。少水量 散布は効率的であるが地際深くまで薬剤が到達せず、第一次伝染源となる土壌中の菌を温存する危険性が指摘されている。固着剤の添加効果は使用する薬剤の性質によって異なる。粒剤タイプの薬剤は降雨に強く、流亡は少ないと思われる。

耕種的には、秋期 (9~10月)りん酸を含む施肥は芝に炭水化物を蓄積させるので発生を軽減させる。しかし、芝を遅くまで緑色を保つために晩秋に即効性の肥料を与えすぎると発生を助長するので注意する。芝を低刈りにして直立させると発生は少なくなるといわれる。pHが7以上の中~アルカリ土壌では発生しやすくなるので酸性の目砂や肥料を使うとよい。

 

治療対策

融雪前の除雪や融雪剤処理、融雪後の目砂・施肥は芝の芽立ちを早め、症状を早く消失させる効果がある。また、融雪後に薬剤を散布することもあるが褐色雪腐病の場合では有効なことが多い。グリーンカバーやインターシードも有効といわれている。

 

バイエルの推薦防除方法

根雪前にDMI剤、ベンズイミダゾール剤、ジカルボキシイミド剤、QoI剤、有機銅剤を複数回散布することが効果的です。

 

参考写真

雪腐病 20-1

雪腐褐色小粒菌核病菌ティフラの菌そう. 褐色の菌核およびそこから形成される細い白色の子実体(キノコ)

 

雪腐病 20-2

雪腐黒色小粒菌核病菌の黒褐色菌そう

 

雪腐病 20-3

ティフラ菌の菌核から出現したキノコ(子実体). 前年冬に形成された多数の菌核が土壌中で越夏し、残っていたことを示す(ベントグリーン 10月)

 

雪腐病 20-4

感染枯死葉上に形成された雪腐褐色小粒菌核病菌の褐色の菌核(矢印)(3月)

 

雪腐病 20-5

雪腐黒色小粒菌核病菌の無数の小さな黒色をしたパッチ内の菌核(矢印)(4月)

 

雪腐病 20-6

雪腐大粒菌核病のパッチ内に現れた大きな黒い菌核(矢印)(4月)

 

雪腐病 20-7

前年予防処理しなかったベントグリーンでの大発生(雪腐褐色小粒菌核病 3月)

 

雪腐病 20-8

雪腐黒色小粒菌核病の典型的な縁がやや白っぽいパッチで黒い粒(菌核)がみられる(ベントグリーン 4月)

 

雪腐病 20-9

融雪水の水ミチに沿って発生した褐色雪腐病(フェアウェイ 4月)

 

雪腐病 20-10

褐色雪腐病は低温性のピシウム菌による. 灰色になった葉には多くの卵胞子があり、これで越夏する(ベントグリーン 4月)

 

雪腐病 20-11

ラフに発生した紅色雪腐病(ブルーグラス 11月)

 

雪腐病 20-12

雪腐大粒菌核病の発生(ブルーグラスラフ 4月)

 

雪腐病 20-13

雪腐黒色小粒菌核病の防除結果(4月) 右半分が前年12月初旬にDMI混合剤散布. 左半分は無処理区

 

雪腐病 20-14

グリーンにのみDMI混合剤を前年根雪前に散布. 周りは雪腐褐色小粒菌核病の大発生(4月)

おすすめの製品

ユキスター水和剤 殺菌剤

ユキスター®水和剤

水和剤

ユキスター水和剤は2つの有効成分を配合。幅広い防除効果を持つ2種類のパワーが生み出す相乗効果で雪腐病をコントロール。

製品を見る

その他の病害・害虫・雑草を探す

藻類

藻類

グリーンで問題となる土壌藻類は主として藍藻類のフォルミディウムとノストック、緑藻類のクレブソルミディウムの3種である。

表示する
赤葉腐病(レッドスレッド)

赤葉腐病(レッドスレッド)

北海道や東北、本州の高冷地の寒地型芝(ブルーグラス、ライグラス、フェスク、ベントグラス)に多く発生する。

表示する
フェアリーリング病

フェアリーリング病

基本的な症状としては芝生が大きなリング状または帯状に濃緑色になったり、褐変枯死したりする。

表示する
フザリウム病

フザリウム病

主として秋期から感染が始まる病気で、晩秋から大小様々な褐色~赤褐色のパッチが出現する。

表示する
ダラースポット病

ダラースポット病

葉上に感染した初期の病斑の縁は赤褐色になる。その後感染が進みスポット状となり、ムギワラ色~灰褐色を示す。

表示する
葉腐病(ブラウンパッチ)

葉腐病(ブラウンパッチ)

高温期(24~32℃)になるとベントグリーンに必ずといってよいほど発生し、過湿の低刈りグリーンで多発しやすい。

表示する
炭疽病

炭疽病

炭疽病の診断は菌特有の小さな三日月形の胞子と針のような黒い剛毛を観察することで可能であるが、感染初期にはまだ形成されてい...

表示する
ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

この病気は毎年同じ場所に発生する。元来コウライグリーンの病気であったが、近年フェアウェイ、ラフ、ティの重要病害となった。

表示する
象の足跡

疑似葉腐病(象の足跡)

ラフやバンカー周りなど草丈の高い、刈り込みの少ない場所に発生しやすい。20~50cm前後のパッチやリング状になり、縁は赤...

表示する
黄斑症(イエロースポット)

黄斑症(イエロースポット)

イエロースポットはベントグラスの茎葉部全体が均一な黄~黄金色であり、葉が太くなったりネジレたりせず、また異常分けつ(叢生...

表示する
疑似葉腐病(イエローパッチ)

疑似葉腐病(イエローパッチ)

30~50cm大のパッチ型とリング型がある。寒冷地では黄色の(イエローパッチ)、温暖地では褐色の(ウィンターブラウンパッ...

表示する
白葉腐病(ホワイトパッチ)

白葉腐病(ホワイトパッチ)

肥料不足の夏場のベントグリーンに発生し、気温が低下してくると自然消滅する。

表示する
灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

夏期のベントグラスに灰白色で円形~不定形の1m以下の明瞭なパッチが現れる。

表示する
樹下枯損症

樹下枯損傷

フェアウェイ外側の切り土法面ラフに栽植されている樹木の下の芝(多くはノシバ)や雑草がその樹木を中心として大きな円形状に黄...

表示する
サマーパッチ

サマーパッチ

ベントグラス、ブルーグラス、フェスクなどに発生するが外着生根部感染(ETRI)病のひとつである。

表示する
サマーデクライン

サマーデクライン

夏場の高温・多湿(気中、土中)、一時の乾燥、病原菌・線虫感染などの悪環境ストレスにより芝が黄化し、活力が衰え、葉ヤケや枯...

表示する
細菌病

細菌病

症状としては斑点性から全体性まであり、しかも環境条件により様々な色調、症状を示す。一般的には黄色~赤褐色の輪郭の不鮮明な...

表示する
いもち病

いもち病

ライグラス、ベントグラスなどの寒地型芝に8月ごろから高温、日照不足、多湿(朝露がつく)条件下で感染が始まる。

表示する
ブラウンリングパッチ

ブラウンリングパッチ

円形または不定形の黄褐色~褐色のパッチで、リング(10~50cm)になることが多い。

表示する
ドライスポット

ドライスポット

砂がおよそ90%以上のサンドグリーンのベントグラスに特異的に発生する。

表示する
疑似葉腐病(ラージパッチ)

葉腐病(ラージパッチ)

ラージパッチの発生は気温と降雨が最大の原因である(冷夏、多雨、長雨、温かい早春や晩秋)。

表示する
混合感染

混合感染

混合感染とは2種類またはそれ以上の異なった病原体が同一の芝個体に感染している状態をいう。

表示する
蘚類(コケ類)

蘚類(コケ類)

グリーンには冬期も含めて年中発生しているが、早春期になると増殖が盛んになる。

表示する
薬害

薬害

薬害とは農薬などの処理によって芝、樹木などの作物に生じる生理的障害をいう。

表示する
赤焼病

赤焼病

高温と多湿の条件下のみで発生する。特に夜温が高い熱帯夜(25℃以上)になる時は要注意である。

表示する
ほこりかび病

ほこりかび病

梅雨や秋雨の時期に降雨が続き、空気中の湿度が飽和状態になったときに突如として葉に子実体が発生する。

表示する
さび病

さび病

さび病は葉の上に明るい褐色の胞子の塊り(夏胞子堆)が肉眼でも見えるので診断はたやすい。

表示する
疑似葉腐病(春はげ症)

疑似葉腐病(春はげ症)

感染は主に秋期の気温が10~15℃のとき、即ち芝の冬枯れ(休眠)直前の時期に起こる。

表示する
ネクロティックリングスポット病

ネクロスティックリングスポット病

ノシバやコウライシバに感染すると春期に生育が遅れてしずみ症状となる。

表示する
スプリングデッドスポット

スプリングデッドスポット

春、バミューダグラスの萌芽期に20~50cmの芽立ち遅れパッチとして現れる。

表示する
コウライシバ黒点葉枯症

その他の伝染性病害

赤褐色葉腐病(褐色葉腐病)、イエロータフト(Yellow tuft、黄化萎縮病、ダウニーミルデュー =...

表示する
テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

テイクオールパッチは造成後4~5年までの若いベントグリーン、あるいはインターシードした若いベントグラスに発生しやすい。

表示する
ヘルミントスポリウム葉枯病

ヘルミントスポリウム葉枯病

ヘルミントスポリウム属グループの6種類の菌による葉枯性の病害の総称。

表示する
ピシウム病

ピシウム病

ピシウム病は今のところ分類上、赤焼病以外のピシウム菌による病気の総称とされている。

表示する