菌の主な生息部位

 

発生芝種・発生時期

 

病原体

マグナポルテ菌

学名

Magnaporthe poae

ベントグラス

ブルーグラス

フェスク

別名


 

発生生態

ベントグラス、ブルーグラス、フェスクなどに発生する外着生根部感染(ETRI)病のひとつである。感染は菌の根部表面の付着から始まり、楕円形の菌足 (付着器)を形成し、後に内部の中心柱に侵入する。そのため根部は黄褐色~黒色となる。その後、根の機能障害によって初期ではダラースポットに似るが、次 第に20~50cmの黄化パッチとなり、後期になると褐色枯死に至る。それゆえ感染の後期に気付くことが多い。

 

予防対策

発生はpHが7以上の土壌に限られ、pH6.5以下の酸性土壌では発生しない。酸性肥料の施用で抑制できる。

 

治療対策

外着生根部感染(ETRI)病に有効な薬剤が推奨される。しかし、パッチが発生してからの処理では回復には時間を要する。

 

バイエルの推薦防除方法

病原菌は根部に感染しているので春期にDMI剤を多水量で散布します。

 

参考写真

サマーパッチ 16-1

水ミチに沿って発生したサマーパッチ(ブルーグラスフェアウェイ 8月)

 

サマーパッチ 16-2

ほぼパッチ内のブルーグラスは枯死している(フェアウェイ 8月)

 

サマーパッチ 16-3

毎年同じところのブルーグラスに発生したサマーパッチ. 混播されたベントグラス(青緑色部分)には感染していない(ティ 7月)

 

サマーパッチ 16-4

サマーパッチに感染した根部には菌足(矢印)と生育を停止した特徴的な形態を表す病原菌糸が観察できる(ブルーグラス8月)

その他の病害・害虫・雑草を探す

コウライシバ黒点葉枯症

その他の伝染性病害

表示する
黄斑症(イエロースポット)

黄斑症(イエロースポット)

表示する
灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

表示する
テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

表示する
疑似葉腐病(ラージパッチ)

葉腐病(ラージパッチ)

表示する
ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

表示する
細菌病

細菌病

表示する
疑似葉腐病(春はげ症)

疑似葉腐病(春はげ症)

表示する
赤葉腐病(レッドスレッド)

赤葉腐病(レッドスレッド)

表示する
葉腐病(ブラウンパッチ)

葉腐病(ブラウンパッチ)

表示する
赤焼病

赤焼病

表示する
いもち病

いもち病

表示する
ブラウンリングパッチ

ブラウンリングパッチ

表示する
ダラースポット病

ダラースポット病

表示する
ドライスポット

ドライスポット

表示する
フェアリーリング病

フェアリーリング病

表示する
フザリウム病

フザリウム病

表示する
ヘルミントスポリウム葉枯病

ヘルミントスポリウム葉枯病

表示する
混合感染

混合感染

表示する
蘚類(コケ類)

蘚類(コケ類)

表示する
ネクロティックリングスポット病

ネクロスティックリングスポット病

表示する
樹下枯損症

樹下枯損傷

表示する
ピシウム病

ピシウム病

表示する
さび病

さび病

表示する
ほこりかび病

ほこりかび病

表示する
雪腐病

雪腐病

表示する
疑似葉腐病(イエローパッチ)

疑似葉腐病(イエローパッチ)

表示する
白葉腐病(ホワイトパッチ)

白葉腐病(ホワイトパッチ)

表示する
スプリングデッドスポット

スプリングデッドスポット

表示する
サマーデクライン

サマーデクライン

表示する
象の足跡

疑似葉腐病(象の足跡)

ラフやバンカー周りなど草丈の高い、刈り込みの少ない場所に発生しやすい。20~50cm前後のパッチやリング状になり、縁は赤...

表示する
炭疽病

炭疽病

炭疽病の診断は菌特有の小さな三日月形の胞子と針のような黒い剛毛を観察することで可能であるが、感染初期にはまだ形成されてい...

表示する