疑似葉腐病(イエローパッチ)

病原体:セラトバシディウム菌(2核のリゾクトニア菌)

30~50cm大のパッチ型とリング型がある。寒冷地では黄色の(イエローパッチ)、温暖地では褐色の(ウィンターブラウンパッチ)色調になる。いずれも気温16℃以下で発生する。

【発生芝種】ベントグラス、ライグラス
【別名】ウィンターパッチ(Winter patch)、ウィンターブラウンパッチ(Winter brown patch)、冬葉腐病、株腐病(ライグラス)

菌の主な生息部位

 

発生芝種・発生時期

疑似葉腐病(イエローパッチ)

 

発生生態

30~50cm大のパッチ型とリング型がある。寒冷地では黄色の(イエローパッチ)、温暖地では褐色の(ウインターブラウンパッチ)色調になる。いずれも 気温16℃以下で発生する。侵害は地上部に限られるので暖かくなると自然回復する。しかし、春先の3月頃にはピシウム病やテイクオールパッチ、ミクロドキ ウムパッチなどと混同しやすくなる。さらに、晩秋~初冬にかけては同様の黄~褐色のパッチやリングが発生するがイエローパッチとは異なった土壌表面に生息するある種の担子菌が関与している。

 

予防対策

11~12月ころに春はげ症などに有効な薬剤(DMI剤など)を散布しておくと予防できる。排水不良のところは発生しやすくなる。また保温用ベントシートを長期被覆したり、グリーンを乾燥気味にするとイエローパッチの発生を助長する。

 

治療対策

発生してからの薬剤散布では低温期のため芝の回復が遅い。低温性のピシウム菌との混合感染もあるのでピシウム菌にも有効な剤の使用が確実な治療となる。

 

バイエルの推薦防除方法

SDHI剤、QoI剤、DMI剤の予防散布が効果的であると考えられます。

 

参考写真

疑似葉腐病(イエローパッチ) 27-1

黄褐色、リング状のイエローパッチ(ベントグリーン 3月)

 

疑似葉腐病(イエローパッチ) 27-2

縁が赤褐色になっているイエローパッチ(ベントグリーン 3月)

 

疑似葉腐病(イエローパッチ) 27-3

発病した赤褐色ベントグラスの拡大写真(左端の1本は健全). 下位葉が赤くなっているが上位葉は正常である(グリーン 3月)

 

疑似葉腐病(イエローパッチ) 27-4

ベントグラスの細胞に侵入したセラトバシディウム菌の菌糸(3月)

その他の病害・害虫・雑草を探す

コウライシバ黒点葉枯症

その他の伝染性病害

表示する
黄斑症(イエロースポット)

黄斑症(イエロースポット)

表示する
灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

表示する
テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

表示する
サマーパッチ

サマーパッチ

表示する
疑似葉腐病(ラージパッチ)

葉腐病(ラージパッチ)

表示する
ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

表示する
細菌病

細菌病

表示する
疑似葉腐病(春はげ症)

疑似葉腐病(春はげ症)

表示する
赤葉腐病(レッドスレッド)

赤葉腐病(レッドスレッド)

表示する
葉腐病(ブラウンパッチ)

葉腐病(ブラウンパッチ)

表示する
赤焼病

赤焼病

表示する
いもち病

いもち病

表示する
ブラウンリングパッチ

ブラウンリングパッチ

表示する
ダラースポット病

ダラースポット病

表示する
ドライスポット

ドライスポット

表示する
フェアリーリング病

フェアリーリング病

表示する
フザリウム病

フザリウム病

表示する
ヘルミントスポリウム葉枯病

ヘルミントスポリウム葉枯病

表示する
混合感染

混合感染

表示する
蘚類(コケ類)

蘚類(コケ類)

表示する
ネクロティックリングスポット病

ネクロスティックリングスポット病

表示する
樹下枯損症

樹下枯損傷

表示する
ピシウム病

ピシウム病

表示する
さび病

さび病

表示する
ほこりかび病

ほこりかび病

表示する
雪腐病

雪腐病

表示する
白葉腐病(ホワイトパッチ)

白葉腐病(ホワイトパッチ)

表示する
スプリングデッドスポット

スプリングデッドスポット

表示する
サマーデクライン

サマーデクライン

表示する
象の足跡

疑似葉腐病(象の足跡)

ラフやバンカー周りなど草丈の高い、刈り込みの少ない場所に発生しやすい。20~50cm前後のパッチやリング状になり、縁は赤...

表示する
炭疽病

炭疽病

炭疽病の診断は菌特有の小さな三日月形の胞子と針のような黒い剛毛を観察することで可能であるが、感染初期にはまだ形成されてい...

表示する