黄斑症(イエロースポット)

菌の主な生息部位

 

発生芝種・発生時期

 

病原体

担子菌類

学名

Basidiomycete(?)

ベントグラス

 

スズメノカタビラ

 

日本芝

 

バーミューダグラス

別名

ピシウム性黄化症

 

発生生態

イエロースポットはベントグラスの茎葉部全体が均一な黄~黄金色であり、葉が太くなったりネジレたりせず、また異常分けつ(叢生)もない。根部はやや貧弱で根毛が少ない。ターフ上では夏期に4~6cmの黄色スポット、まれにリング状として現れるが褐変枯死には至らず、秋になり気温が下がってくると自然回復(治癒)する。経年的には発生量はいずれ減少していく。発生量にベントグラスの品種間差異はない。

高温性のピシウム菌が関与するとの報告があるが、ピシウム防除剤では不効である。原因はいまなお特定されていないが、担子菌類に有効な防除薬剤(ジカルボキシイミド剤、SDHI剤)で黄化スポットが消失(治癒)するので病原菌はピシウム菌ではなく担子菌類によるものと考えられる。一方、藻類(藍藻類)が出す毒素や鉄欠乏を引き起こす物質を出して黄化させるという説もある。

 

予防対策

グリーンの散水量を減らして乾燥気味に管理することで発生を少なくすることができる。施肥量が少ないと助長するといわれる。担子菌類に有効な薬剤を夏前に処理しておくと発生が抑えられる。

 

治療対策

病原菌は地下部に感染していると考えられるのでグリーンに穴をあけ(エアレーション)、その直後に水量を多くして(2L/m2以上で展着剤入り)上記の薬剤を散布する。あるいは穴あけができない場合は5L以上をジョウロで灌水しないと効果が現れない。ある種の殺菌剤の使用はイエロースポットの発生を助長するという。本病をイエロータフトと診断している場合が多く、間違えると防除薬剤も間違えることになる。

 

バイエルの推薦防除方法

原因が不明であるが担子菌に有効なジカルボキシイミド剤やSDHI剤で消失した例があります。

 

参考写真

黄斑症(イエロースポット) 21-1

造成3年目の新設ベントグリーンに発生したイエロースポット(8月) 

 

黄斑症(イエロースポット) 21-2

イエロースポットの根部(左)は健全(右)と比べるとやや短く貧弱である 

 

黄斑症(イエロースポット) 21-3

大発生したイエロースポット(ベントグリーン 8月) 

 

黄斑症(イエロースポット) 21-4

刈り取りの方向に沿って発生したイエロースポット. 病原体が伝播していると考えられる(ベントグリーン 8月) 

 

黄斑症(イエロースポット) 21-5

個々の病斑が拡散し、不鮮明になったイエロースポット(ベントグリーン 8月) 

 

黄斑症(イエロースポット) 21-6

イエロースポットの発生の差. 新しくソッドを入れ替えた場所(左側)のみに発生しているので病原体を持ち込んだと考えられる(ベントグリーン 8月) 

 

黄斑症(イエロースポット) 21-7

イエロースポットの黄化葉の自然治癒. 発生しているスポットを刈り取り、スポット自然消失後に葉を観察すると切口は褐色になっているが正常に戻っている(矢印) 

 

黄斑症(イエロースポット) 21-8

殺菌剤によるイエロースポットの治療効果. 中央枠内のスポットが消失している. 担子菌に効果のある薬剤の多水量散布が有効である

その他の病害・害虫・雑草を探す

コウライシバ黒点葉枯症

その他の伝染性病害

表示する
灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

表示する
テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

表示する
サマーパッチ

サマーパッチ

表示する
疑似葉腐病(ラージパッチ)

葉腐病(ラージパッチ)

表示する
ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

表示する
細菌病

細菌病

表示する
疑似葉腐病(春はげ症)

疑似葉腐病(春はげ症)

表示する
赤葉腐病(レッドスレッド)

赤葉腐病(レッドスレッド)

表示する
葉腐病(ブラウンパッチ)

葉腐病(ブラウンパッチ)

表示する
赤焼病

赤焼病

表示する
いもち病

いもち病

表示する
ブラウンリングパッチ

ブラウンリングパッチ

表示する
ダラースポット病

ダラースポット病

表示する
ドライスポット

ドライスポット

表示する
フェアリーリング病

フェアリーリング病

表示する
フザリウム病

フザリウム病

表示する
ヘルミントスポリウム葉枯病

ヘルミントスポリウム葉枯病

表示する
混合感染

混合感染

表示する
蘚類(コケ類)

蘚類(コケ類)

表示する
ネクロティックリングスポット病

ネクロスティックリングスポット病

表示する
樹下枯損症

樹下枯損傷

表示する
ピシウム病

ピシウム病

表示する
さび病

さび病

表示する
ほこりかび病

ほこりかび病

表示する
雪腐病

雪腐病

表示する
疑似葉腐病(イエローパッチ)

疑似葉腐病(イエローパッチ)

表示する
白葉腐病(ホワイトパッチ)

白葉腐病(ホワイトパッチ)

表示する
スプリングデッドスポット

スプリングデッドスポット

表示する
サマーデクライン

サマーデクライン

表示する
象の足跡

疑似葉腐病(象の足跡)

ラフやバンカー周りなど草丈の高い、刈り込みの少ない場所に発生しやすい。20~50cm前後のパッチやリング状になり、縁は赤...

表示する
炭疽病

炭疽病

炭疽病の診断は菌特有の小さな三日月形の胞子と針のような黒い剛毛を観察することで可能であるが、感染初期にはまだ形成されてい...

表示する