疑似葉腐病(象の足跡)

病原体:セラトバシディウム菌(2核のリゾクトニア菌)

ラフやバンカー周りなど草丈の高い、刈り込みの少ない場所に発生しやすい。20~50cm前後のパッチやリング状になり、縁は赤褐色になることもある。葉身や葉鞘に紋枯様の病斑がみられる。発病株はラージパッチの場合と違い、引っ張っても抜けず、地上部のみが取れる。つまり病原菌は地上部に感染し、地下部までは侵害していないことによる。

【発生芝種】日本芝

菌の主な生息部位

 

発生芝種・発生時期

疑似葉腐病(象の足跡)

 

発生生態

ラフやバンカー周りなど草丈の高い、刈り込みの少ない場所に発生しやすい。コウライシバよりもノシバに発生が多く、フェアウェイよりもラフでの発生 が多い。ときにはティやコウライグリーンにも発生する。20~50cm前後のパッチやリング状になり、縁は赤褐色になることもある。葉身や葉鞘には紋枯様 の病斑がみられる。主として秋期によく発生するが5~6月の春期にも発生する。発病株はラージパッチの場合と違い、引っ張っても抜けず、地上部のみが取れ る。つまり病原菌は地上部に感染し、地下部までは侵害していないことによる。最近は日本芝にもダラースポット病が発生するようになり、大きなスポットは象 の足跡との区別が困難になった。 病原菌は春はげ症やイエローパッチのセラトバシディウム菌とは少し性質(感染適温、菌核形成量など)が異なるようである。また、ある種のセラトバシディウム菌はブラウンパッチなどのリゾクトニア病を抑制するという。

 

予防対策

乾きやすいところや肥料を少なくしたところは発生しやすい。また硫安などの酸性肥料で抑制される。土壌表層を酸性(pH4~5)にすると発生が抑えられる。リゾクトニア病害に有効な多くの薬剤で予防可能であるが、この病害のみを対象とした散布はあまり行われない。地域によるが秋期のラージパッチと象の足跡を同時防除できる薬剤で対応しているところが多い。

 

治療対策

発生してからの薬剤散布では病原菌の密度を低下させるが、症状の回復には芝の再生を待つことになる。ただ、未発生部分での予防にはなる。

 

バイエルの推薦防除方法

SDHI剤、QoI剤、DMI剤の予防散布が効果的です。治療の場合、約1ヶ月を要します。

 

参考写真

疑似葉腐病(象の足跡) 26-1

印象的な赤みを帯びた象の足跡(コウライシバ 10月)

 

疑似葉腐病(象の足跡) 26-2

ラフに発生した象の足跡(11月)

 

疑似葉腐病(象の足跡) 26-3

乾燥状態で灰白色になった象の足跡(ラフ 11月)

 

疑似葉腐病(象の足跡) 26-4

DMI散布によりほぼ防除されたフェアウェイ. 無散布のラフには大発生(10月)

 

疑似葉腐病(象の足跡) 26-5

大発生して融合した象の足跡. 中にはダラースポットの併発も考えられる(11月)

 

プレイには関係ないが遠方からでも気付く象の足跡(ノシバ 9月)

おすすめの製品

クルセイダーフロアブル 殺菌剤

クルセイダー®フロアブル

フロアブル剤

難防除病害であるゾイシアデクラインを含む幅広い病害防除効果で散布面積の大きいフェアウェイ・ラフで一発防除が可能。

製品を見る
オブテインフロアブル 殺菌剤

オブテイン®フロアブル

フロアブル剤

ラージパッチに対して、長い残効性を示します。また、発病初期のラージパッチに対しても高い防除効果があります。

製品を見る

その他の病害・害虫・雑草を探す

コウライシバ黒点葉枯症

その他の伝染性病害

表示する
黄斑症(イエロースポット)

黄斑症(イエロースポット)

表示する
灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

灰白色葉枯症(ホワイトブライト)

表示する
テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

テイクオールパッチ(ベントグラス立枯病)

表示する
サマーパッチ

サマーパッチ

表示する
疑似葉腐病(ラージパッチ)

葉腐病(ラージパッチ)

表示する
ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

ゾイシアデクライン(日本芝立枯病)

表示する
細菌病

細菌病

表示する
疑似葉腐病(春はげ症)

疑似葉腐病(春はげ症)

表示する
赤葉腐病(レッドスレッド)

赤葉腐病(レッドスレッド)

表示する
葉腐病(ブラウンパッチ)

葉腐病(ブラウンパッチ)

表示する
赤焼病

赤焼病

表示する
いもち病

いもち病

表示する
ブラウンリングパッチ

ブラウンリングパッチ

表示する
ダラースポット病

ダラースポット病

表示する
ドライスポット

ドライスポット

表示する
フェアリーリング病

フェアリーリング病

表示する
フザリウム病

フザリウム病

表示する
ヘルミントスポリウム葉枯病

ヘルミントスポリウム葉枯病

表示する
混合感染

混合感染

表示する
蘚類(コケ類)

蘚類(コケ類)

表示する
ネクロティックリングスポット病

ネクロスティックリングスポット病

表示する
樹下枯損症

樹下枯損傷

表示する
ピシウム病

ピシウム病

表示する
さび病

さび病

表示する
ほこりかび病

ほこりかび病

表示する
雪腐病

雪腐病

表示する
疑似葉腐病(イエローパッチ)

疑似葉腐病(イエローパッチ)

表示する
白葉腐病(ホワイトパッチ)

白葉腐病(ホワイトパッチ)

表示する
スプリングデッドスポット

スプリングデッドスポット

表示する
サマーデクライン

サマーデクライン

表示する
炭疽病

炭疽病

炭疽病の診断は菌特有の小さな三日月形の胞子と針のような黒い剛毛を観察することで可能であるが、感染初期にはまだ形成されてい...

表示する